LVR(レーザー・ヴァギナ・リジュビネーション)|小陰唇や膣の縮小や肥大の悩みはみどり美容クリニック

TEL 03-5789-1107

小陰唇

クリトリス(陰核)包皮

LVRとは(レーザー・ヴァギナ・リジュビネーション)

女性器専用LaserProダイオードレーザーを用いた膣の若返り治療です。 手術は、一般的な膣縮小の手術(図1)とは異なり、膣の入口から数センチというものではなく、子宮口の手前まで根本的に引き締めるもので、粘膜の処理だけでなく筋肉から縫い縮めます。(図2)

多くの症例では膣の後壁(肛門に近い側)のみで十分な効果が得られますが、尿もれなどの状態やその他症状によっては膣の前壁(尿道)に近い部分の縫縮を行う場合もあります。

これらトータルで、症状やゆるみの程度に合わせて膣を機能的に若返らせる手術をLVRと呼びます。LaserProダイオードレーザーを用いた手術ですので、周囲の組織へのダメージが最小限ですみ、 尿道や肛門に近い手術も安全に行うことが出来ます。

診察により、その方それぞれの状態に合わせてオーダーメイドで必要な手術法、引き締め部位を選択していきます。

手術は局所麻酔と、ブロック麻酔、静脈麻酔の併用で行われます。 手術中は眠っている状態のために、注射による痛みすら感じることはありません。手術時間は後壁のみの場合には1時間半程度、前壁も必要な場合には2時間半程度かかります。

術後は、下腹部がやや重たい症状を感じる方がいらっしゃいますが通常通り歩いて御帰宅頂くことが可能です。生理の際と同じように7日間程度少量の出血がありますので、ナプキンを当てて頂きます。時間と共に、ピンク、茶色となり徐々になくなります。

(図1)一般的な膣縮小

(図1)一般的な膣縮小

(図2)LVR

(図2)LVR

前壁までの手術を行った方は状態によっては尿道カテーテルと呼ばれる、尿がたまらないようにするための管を数日入れる場合があります。

溶ける糸を使用するために抜糸での通院の必要はありませんが、膣内部は完治までに少し時間がかかるために最低1ヶ月、状態によっては1ヶ月半程度は性交渉が出来ません。術後1ヶ月目程度に検診がてら一度ご来院頂きます。従来の入口のみの手術では改善が難しい、膣本来の全体的な引き締め手術を行うことが可能です。

約1ヶ月性交渉が出来ません。術後1ヶ月を目安に検診にご来院頂きます。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約

無料メール相談

カウンセリング予約

診療項目一覧

1day

女性器の若返りレーザー治療